抜かない矯正治療

抜かない矯正治療

・歯並びが悪くて、虫歯になりやすい
・抜歯をしないと、矯正できないといわれた
・上下の歯がしっかり咬み合っていない

歯並びが悪いとかみ合わせも悪くなり、虫歯や歯周病、顎関節症など、お口の中で様々なトラブルが起きます。顎もズレやすくなり、それが原因で全身にも悪い影響を与えます。矯正治療で歯並びを矯正すると、虫歯や歯周病、顎関節症などのリスクは軽減します。このとき、歯の移動するスペースを確保するために、抜歯を必要とする場合があります。その際、抜歯をする主な歯は、前歯から四番目にあたる、第一小臼歯になります。

すべての歯には、全身の健康を支える役割があります

第一小臼歯の役割りは、下顎のズレを防ぐストッパー抜かない矯正治療
これまで、第一小臼歯を抜いても咀嚼運動には影響しないと考えられていました。しかし、小臼歯は犬歯とともに、顎の側方へのズレをコントロールする要であり、第一小臼歯には、下顎の後方へのズレを防ぐ重要な役割があります。

大切なストッパーを抜いてしまうと、下顎が後方や側方にズレて咀嚼運動が悪くなり、頭痛や肩こりなどの不定愁訴、不眠やうつ症状などの脳関連の症状に悩まされることになるのです。また、歯列弓(歯が並ぶカーブ)も小さくなってしっかり咬めなくなり、上下の歯が咬み合うことによるあごのズレを防ぐ役割を果たせなくなってしまいます。

<第一小臼歯を抜いた後に現れやすい症状>
・下顎がズレやすくなる
・咀嚼運動が異常になる
・頭痛、肩こり、腰痛などの身体が不調になりやすい
・不眠、うつ症状などの脳関連の症状が起きやすい

かみ合わせ治療で非抜歯矯正を可能にする
親知らずを除き、人間の歯は28本あり、1本1本の歯にはそれぞれの役割があります。1本でも失うと、身体に悪い影響を与えるので、お口と全身の健康を維持するには、すべての歯が必要です。

当院では、丸山咬合医療の理念に基づいた、全身の健康を考えた抜かない矯正治療を実践しています。矯正治療を始める前に、かみ合わせ治療(MFA治療)で下顎のズレを本来の位置に戻してから矯正します。正しい位置とは、顔の中心ではなく、立位における重心バランスの取れた位置です。かみ合わせ治療を取り入れることで、当院では10年以上も抜歯矯正はしていません。非抜歯矯正をご希望のかたは、当院までご相談ください。
 

矯正治療で歯を抜かない3つの理由

【その1】第一小臼歯が歯を固定しているから矯正治療
直立二足歩行をする人間にとって、顎は身体バランスを取るバランサーとしての役割を担っています。下顎は頭蓋骨から筋肉でぶら下がっているだけなので不安定です。歯並びの乱れや悪い姿勢、日常生活の癖があると、かみ合わせが悪くなり、下顎がズレやすくなりますが、第一小臼歯がストッパーとなって、ズレやふらつきを防いでくれます。歯の本数が減れば減るほど顎がズレやすくなり、結果として全身の健康に悪い影響を与えることになるのです。

全身の健康を考えた歯科治療へ
MFA治療(かみ合わせ治療)へ

【その2】かみ合わせ治療で筋肉バランスを整えるから
矯正治療を始める前に、かみ合わせ治療で顎のズレを是正するので、抜歯をする必要がなくなりました。
顔の筋肉(外からの力)と舌の筋肉(内側からの力)が硬直していると、力のバランスが悪くなり、歯を正しく並べるスペース(ニュートラルゾーン)を確保できなくなってしまいます。

かみ合わせ治療で顎の位置を是正すると、筋肉の硬直がなくなり、さらに左右のバランスが取れ、歯が正しく並ぶスペース(ニュートラルゾーン)が確保できます。また、上下の顎の前後的な位置関係もよくなるので、歯を抜かなくても上下の歯が咬み合う状態になります。

【その3】1本たりとも不要な歯はない
人間の歯は28本あり、どれ一つとして、必要のない歯はありません。たとえ1本でも失ってしまうと、お口の中の機能が衰えるだけでなく、全身にも悪い影響を与える恐れがあります。

オリジナル装置を使った後戻りの少ない矯正

後戻りの少ない矯正小児矯正では、FKO装置(エフカーオー)に改良を加えた矯正装置を使用して治療をします。これは院長が考案した当院オリジナル装置で、顎を広げながら歯並びを矯正する装置です。お口周辺の筋肉の力や咬む力を利用した、取り外し式の機能的矯正装置で、無理な力を加えずに、顎を大きさを成長方向にコントロールしていきます。

骨と舌、お口周りの筋肉を一緒に変化させていくので歯が顎のラインにキレイに並び、後戻りもほとんどありません。装着したまま就寝し、翌朝には外していただけるので日常生活には全く支障がなく、繊細なお子さんでも安心して治療を受けていただけます。

成人矯正と後戻りについて

成人矯正矯正をすれば、一生キレイな歯並びをキープできると思っているかたが多いようですが、矯正治療は物理的な力で歯を動かしていくので、その力がなくなれば(矯正装置を外せば)再び内外からの筋圧のバランスの取れた位置に移動をします(後戻り)。お子さんの矯正では、成長を利用して顎を広げながら歯を動かしていくので、後戻りの心配はありません。けれど、大人になると、すでに成長が止まっているので、顎を広げることができないので、後戻りを避けることはできません。そこで、保定装置を装着して後戻りを防ぐ必要があります。

当院の矯正治療は、最初にかみ合わせ治療を行い、筋肉の硬直を取り・左右バランスを整えるので、成人でも後戻りの少ない治療となっています。それは、かみ合わせ治療(MFA治療)で下顎のズレを是正し、舌や唇、頬の筋肉バランスを整えてから、矯正するからです。治療後は、より安定した状態を保つことができます。治療後は、取り外しの出来るリテーナーを装着するだけで良く、より安定した状態を保つことができます。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方