当院の診療の流れ

Step1. 問診診療の流れ
受付で「丸山咬合医療初診チャート」をお渡しします。質問項目に従って、現在の健康状態をご記入ください。

次へ
Step2. 精密な診査・診断診療の流れ
各種検査を行い、精密に診査・診断します。

<検査項目>
1. 視診(顔・立位・下顎)
2. 触診(首・腰の筋緊張状態)
3. 立位(正面・側面・背面)の写真
4. 顔(正面・側面)の写真診療の流れ
5. レントゲン写真(パノラマ・顎関節・頸椎)
6. セファロレントゲン写真(正貌・側貌)
7. シロナソアナライザー(咀嚼運動・発語運動の記録)
8. 上下歯型の模型採得
9. 身体の三軸バランスのチェック
10.両手アプライドキネシオロジーによる骨格筋の左右差のチェック

次へ
Step3. 治療開始診療の流れ
上記の検査を元に、患者さんの主訴が、 下顎のズレ、咀嚼運動の悪さ、あるいは咬合形態の悪さのうち、主原因がどこにあるのかを診断します。下顎のズレが主な原因であれば、治療で使うMFA装置を製作するために、全身に対する下顎の正しい位置も診断します。

次へ
Step4.治療診療の流れ
●下顎のズレの治療
下顎のズレを是正(顎位是正)するためのMFA装置を作成します。マウスピースのように取り外しが可能な装置で、使用期間は3~6か月です。

●咀嚼運動の治療
歯型をマスティキュレーターという咀嚼運動が再現できる特殊な機械につけ、正常運動ができる咬合形態に修正します。修正方法には、リシェイピング(歯の部分修正法)、歯列矯正、補綴(歯の被せ物)があります。

●咬合形態の治療
リシェイピングや歯列矯正や補綴により治療します

次へ
Step5.メインテナンス診療の流れ
治療を終えた後は、お口の健康を維持するために、定期的なメインテナンスをおすすめしています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方