かみ合わせ治療でしっかり咬める

かみ合わせ治療異常咀嚼運動による下顎の動きで、特定の歯に強い力がかかり、顎関節症や肩こり、お顔の歪みなど、全身の健康を害することが分かっています。また、下顎の動きをコントロールしているのは、三叉神経という脳から直接出ている太い神経です。異常咀嚼運動によりこの三叉神経は異常をきたしてしまいます。三叉神経の異常は頭痛の原因の一つです。こうした不定愁訴の多くは、「かみ合わせ治療」をおこなうことで解消できます。

「かみ合わせ治療」で下顎のズレを是正して、身体の重心バランスの取れる位置に戻すと、筋肉の緊張が取れ、さらには筋力が回復します。すると、筋緊張により圧迫されていた血管は元に戻り、血液の流れが増加します。動脈の血液の流れの増加は各器官の機能の回復を促し、静脈の血液の流れの回復は老廃物の除去を促進し若返りへとつながります。また、下顎が正しい位置にあることで、はじめて正しい咀嚼運動ができるようになり、食べ物をしっかり咬めるようになります。

なお、丸山咬合医療では、「下顎のズレを是正する治療」、「咬合形態の治療」、「咀嚼運動を治す治療」の3つを総称して「かみ合わせ治療」と呼んでいます。中でも、基本ともいえるのが、顎ズレ是正治療(MFA治療)です。咀嚼運動の治療や咬合形態の治療は、MFA治療で下顎のズレを是正した後におこなうことが多いのです。

<かみ合わせ治療で解消できること>
・異常咀嚼運動を是正する効果がある
・唾液の分泌が良くなり、虫歯や歯周病の予防につながる
・筋肉の緊張や骨の歪みがなくなり、身体バランスが整う
・頭痛、肩こり、膝痛、顔の歪み、耳鳴り、めまいなどの不定愁訴の解消
・うつ症状やイライラ、不眠のようなこころの悩みの解消
・副交感神経が活発になり、リラックス効果と免疫力アップにつながる
・よく咬めるようになるので、少ない量でも満足でき、ダイエットにつながる

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方