全身の健康を考えた審美歯科

審美歯科

・金属アレルギーがあるので、身体によい被せ物を選びたい
・キレイに見えても、しっかり咬めないと困る
・口元を美しくして、お顔全体を若々しくしたい

詰め物や被せ物を入れる時、口元の美しさを基準に考えるかたが多いと思います。でも、患者さんによっては、選んだ素材が体質的に合わない場合もあります。また、いくら口元が美しくてもしっかり咬めなければ、虫歯や顎関節症などのトラブルが生じます。さらに、かみ合わせが悪くなると、下顎がズレて咀嚼運動が異常になり、骨格が歪んだり筋肉が緊張して身体バランスが悪くなり、頭痛、肩こり、不眠、うつ症状などの不定愁訴から、眼瞼下垂や鼻筋の歪み、目の位置や大きさの左右アンバランスなど、お顔立ちにも大きく影響してきます。

当院が考える審美歯科は、単に口元の美しさだけでなく、しっかり咬めて全身を健康に導き、顔立ちを美しくする治療です。丸山咬合医療に基づき、かみ合わせ治療を取り入れた審美歯科で、しっかり機能して美しい歯と、若々しくて健康なからだに導く治療を実践しています。審美歯科で若々しさと全身の健康を取り戻したいかたは、お気軽にご相談ください。

かみ合わせ治療でしっかり咬める歯を作る

かみ合わせ治療当院は、すべてにおいて食べたときの下顎の運動(咀嚼運動)を考えた治療をおこなっています。それは審美歯科であっても同です。解剖学的な考えのもと、歯並びに合わせて詰め物や被せ物を装着し、しっかり機能する状態に仕上げます。

下顎のズレや咀嚼運動の異常があり、顎関節症や肩こり、頭痛、うつ症状などのトラブルがあるかたは、かみ合わせ治療の提案もしています。かみ合わせ治療をすると、下顎のズレが是正されて、身体バランスの取れた正しい位置に維持できるようになります。さらに上下の歯が正しく咬み合うので、咀嚼運動が正常になり、全身の不定愁訴も解消できます。

<専門用語の説明>
かみ合わせ 丸山咬合医療では、咬合形態・下顎のズレ・咀嚼運動(食べたときの下顎の運動)を総称して「かみ合わせ」と考えています。
咀嚼運動 食べ物を食べるときの、下顎の運動。動物には特有の咀嚼パターンがあり、人間にも特有の咀嚼パターンがあります。
かみ合わせ治療 かみ合わせを回復する治療の総称で、「咬合形態の治療」・「下顎のズレを是正する治療(MFA治療)」・「咀嚼運動の治療」の3つの治療があります。
MFA治療 下顎のズレを是正する治療のことで、かみ合わせ治療の基本ともいえる治療です。

本当に咬めることを考えた歯科医療へ

顔立ちを美しくする美容歯科

美容歯科歯の色や形、大きさは整っているのに、顔の骨格が歪んでいたり、目や耳の位置が左右アンバランスだったり、あるいは眼瞼下垂(がんけんかすい)や鼻筋の歪みがあると、口元の美しさは半減してしまいます。

お顔立ちにまつわる問題のほとんどは、顎のズレが原因です。こうした悩みは、下顎のズレを是正するかみ合わせ治療で解消できます。かみ合わせ治療をすると、筋肉のバランスがよくなるので、左右対称の顔面になり、お顔全体の若々しさが蘇ります。当院の審美歯科で、口元とお顔立ちの悩みを解消して、明るい笑顔を取り戻してください。

顔立ちを美しくする歯科医療へ

キネシオロジーで身体に合う素材をチェック!

審美歯科被せ物には、オールセラミックやメタルボンドなど色々な素材があります。安全性の高い素材でも、ごくまれにアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。お口の中にずっと入る物なので、慎重に選んでいただきたいと思います。そこで当院では、キネシオロジーでアレルギーを起こさない素材を確認し、身体に優しい素材を提案しています。

キネシオロジーによるチェックでは、患者さんに素材を握ったまま腕を上げてもらいます。その状態で歯科医師が腕に負荷をかけたときの反応を見て、身体に合う素材かどうかを判断します。このチェックをすることで、アレルギーを起こさない素材を数分で見分けることができます。

●キネシオロジーとは
カイロプラクティックをベースとした身体運動科学で、筋肉の反射を利用してさまざまな反応を調べる方法です。人間の筋肉は、ストレスが加わると緩む特性を持っています。身体に悪い影響を与える物を握ると、それがストレスとなって筋肉が反応します。当院では、この特性を利用して素材チェックを行っています。

歯科技工士が責任を持って担当します

審美歯科被せ物の色を決めるとき、一番神経を使うのは周囲の歯との調和です。あまり白すぎてしまうとその部分だけが浮き立ってしまい、かえって不自然に見えてしまいます。そこで、色合わせをするときは、技工士が来院して患者さんの歯の色を確認しながら、その場で色を決めていきます。専門家と直接相談できるので、要望を取り入れやすく、満足度がより高まります。

なお、受付に歯科技工士のプロフィール写真を掲示しています。お時間のあるときに、ぜひご覧ください。

当院で扱っている審美歯科メニュー

オールセラミック審美歯科メニュー
フレームと表面すべてが陶器でできている人工歯です。汚れが付きにくく変色が少ない素材で、審美性に優れています。天然の歯と見分けがつかないほど自然なツヤと美しさがあるので、特に見た目が気になる前歯の治療に適しています。フレーム部分に金属を一切使っていないので、金属アレルギーのある方でも安心です。

メタルボンド審美歯科メニュー
内側は金属で、見える部分の外側にセラミックを焼き付けた素材です。セラミックを使っているので見た目が美しく、変色もありせん。また、内側に金属を使っているので強度があります。前歯から奥歯まで、あらゆる部分に使える素材です。

当院では、内側の金属に貴金属(ゴールド)を使用しますので、金属アレルギーのあるかたでも安心してお使いいただけます。

ゴールド審美歯科メニュー
歯との適合性が高く、二次的な虫歯になりにくい素材です。適度な柔らかさと耐久性があり、咬み合う歯にも優しいので、強い力が加わる奥歯などに適しています。また金属アレルギーがほとんどない素材ですが、金属アレルギーをお持ちのかたは、一度、ご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯に黄ばみやくすみがあると見た目が気になりますが「毎日の歯磨きでは落とせない」と諦めてしまっていませんか?そんな歯を簡単に白くする方法がホワイトニングです。

ホワイトニングは、薬を使って歯を白くする方法で、自然で輝きのある白さにすることができます。歯を削らずにできるリスクの少ない方法として、女性を中心にホワイトニングを受ける方が増えています。

ホワイトニングには、歯科医院で受けるオフィフホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。ライフスタイルやご予算に合わせてお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。

短期間で歯を白くするオフィスホワイトニングホワイトニング
歯に薬剤を塗ってレーザーや特殊な光を当て、薬を浸透させて歯を白くする方法です。短時間に白くすることができますが、その分、後戻りも早いと言われています。

<オフィフホワイトニングのメリット>
・1回の施術で効果がわかる
・数回の通院で白くできる

<オフィフホワイトニングのデメリット>
・薬の刺激がある
・1回の治療で60分前後の時間がかかる

自宅でリラックスしながらできるホームホワイトニングホワイトニング
ホワイトニング剤を入れたトレー(マウスピース)を装着して行う方法です。1日数時間の装着で薬が徐々に浸透していき、歯の内側から白くなっていきます。通常、数週間から1か月程度で自然な白さに仕上がり、比較的後戻りが少ない方法です。

<ホームホワイトニングのメリット>
・薬剤の刺激が少ない
・自宅で好きなときにできる
・後戻りが少ない
・レーザーや光照射器を使用しないので、オフィスホワイトニングに比べて安くできる

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果が現れるまでに数週間から1か月程度かかる
・トレーを装着するときに違和感がある
・毎日継続しなければ、効果を得にくい

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方