虫歯の進行と治療

虫歯にはC1~C4までの段階があり、エナメル質を越えてしまうと、治療をしても二度と元に戻すことはできません。一般的には、進行が進むと歯を大きく削り、抜髄(神経を取る処置)をしますが、当院では3-MIXを使うことで、ほとんど削らない治療をしています。

C1 第一段階C1
状態:表面のエナメル質だけが溶けています。
症状:痛みがないので自覚症状はありません。
治療法:特に治療はせず、フッ素塗布や歯磨きで再石灰化が望めます。

C2 第二段階C2
状態:虫歯がエナメル質の下の象牙質に達した状態です。
症状:歯がしみるような痛みがあります。象牙質はエナメル質よりも柔らかい組織なので、虫歯の進行も早くなります。
治療法:虫歯になった部分を削って消毒し、詰め物を入れます。

C3 第三段階C3
状態:さらに進行して歯髄に達した状態です。
症状:ひどい痛みを伴い、痛みで夜も眠れないことがあります。また、根の先に病巣を作ることもあります。
治療法:虫歯になった部分を大きく削り、抜髄をしてから被せ物を装着します。

C4 第四段階C4
状態:歯髄の神経が腐って壊死した状態です。
症状:この段階になると痛みはなくなります。歯がボロボロになり、根だけが残っている状態です。
治療法:残っている歯があれば、根管治療(根の治療)をした後に被せ物を装着しますが、状態によっては抜歯となります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方