歯周病治療の流れ

Step1. 検査
咀嚼時の下顎の動きと歯周病の状態の確認をします。

<検査内容>
・咀嚼時の下顎の動き(シロナソアナライザーを使用)
・レントゲン撮影
・歯周ポケット(歯と歯肉の間の隙間)の測定
・歯の動揺チェック
・プラークの付着状態をチェック

次へ
Step2. 診断
検査データをアメリカのプレバイザー社に送り、現在の歯周病の病状と、今後のリスクについて、数値で評価してもらいます。長期的にメインテナンスを受けていても、変化は分りにくいものですが、数値化したデータでしたら一目瞭然です。患者さんも、分りやすいと好評です。

次へ
Step3. 治療
スケーリングで付着しているプラークや歯石を取り除きます。また、歯肉の腫れなどがある場合は、レーザー治療で炎症を抑えます。

<治療内容>
・スケーリング(プラークや歯石の除去)
・レーザーによる歯肉の炎症・腫脹の治療
・歯周ポッケト内の消毒・投薬
・ルートプレーニング(歯の根の表面を滑らかにして、歯肉の再付着を助けます)

次へ
Step4. 再検査・再診断
治療後の歯肉の状態を確認するために、もう一度、検査・診断をおこないます。

次へ
Step5. メイテナンスおよびかみ合わせ治療
歯周病の再発を防ぐために、定期的なメインテナンスの提案をします。また、かみ合わせの異常があり、全身の不調を訴えているかたには、下顎のズレを是正する「MFA治療」や「咀嚼運動を回復する治療」などのかみ合わせ治療をご提案します。

MFA治療(かみ合わせ治療)へ

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方