下顎の位置や正しい咀嚼運動を回復し、歯を歯周病から守ります

歯周病治療

・歯周病の治療をしているのに、症状が改善されない
・歯ぐきが赤く腫れている
・歯を磨くと、歯ブラシに血が滲んでいる
・周りの人から、キツイ口臭がするといわれる
・かみ合わせが悪くて歯ぐきに炎症が起きやすい
・朝起きるとお口の中がネバネバして気持ちが悪い

このような歯ぐきのトラブルや口臭の症状があれば、歯周病の疑いがあります。きちんとメインテナンスをしているのに歯ぐきのトラブルがある場合は、歯並びやかみ合わせに問題があるかもしれません。かみ合わせが悪くなると、下顎のズレや食べるときの下顎の動きが(咀嚼運動)が異常になり、歯周病を悪化させる原因になります。さらには、下顎のズレが原因で、頭痛、肩こり、うつ症状などが現れる場合もあります。当院の歯周病治療は、かみ合わせ治療を取り入れた、歯周病と全身の不調を解消する治療です。歯周病と不定愁訴でお悩みのかたは、ぜひご相談ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方