かみ合わせ治療でしっかり咬める歯を作る

かみ合わせ治療当院は、すべてにおいて食べたときの下顎の運動(咀嚼運動)を考えた治療をおこなっています。それは審美歯科であっても同です。解剖学的な考えのもと、歯並びに合わせて詰め物や被せ物を装着し、しっかり機能する状態に仕上げます。

下顎のズレや咀嚼運動の異常があり、顎関節症や肩こり、頭痛、うつ症状などのトラブルがあるかたは、かみ合わせ治療の提案もしています。かみ合わせ治療をすると、下顎のズレが是正されて、身体バランスの取れた正しい位置に維持できるようになります。さらに上下の歯が正しく咬み合うので、咀嚼運動が正常になり、全身の不定愁訴も解消できます。

<専門用語の説明>
かみ合わせ 丸山咬合医療では、咬合形態・下顎のズレ・咀嚼運動(食べたときの下顎の運動)を総称して「かみ合わせ」と考えています。
咀嚼運動 食べ物を食べるときの、下顎の運動。動物には特有の咀嚼パターンがあり、人間にも特有の咀嚼パターンがあります。
かみ合わせ治療 かみ合わせを回復する治療の総称で、「咬合形態の治療」・「下顎のズレを是正する治療(MFA治療)」・「咀嚼運動の治療」の3つの治療があります。
MFA治療 下顎のズレを是正する治療のことで、かみ合わせ治療の基本ともいえる治療です。

本当に咬めることを考えた歯科医療へ

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方