«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月12日

普段の生活習慣の中であごのずれを引き起こす原因は色々あります。
その一つに、食事中ものを噛むときに片方の歯でばかり噛んでしまう「片噛み」癖があります。

左側でばかり噛んでいるとあごは左にずれ、右側ばかりで噛むとあごは右にずれるということです。
また、歯を抜いてそのままにした場合や虫歯の治療中で片噛み癖がついてしまい、治療後に癖が残ってしまうことも。

片噛みは無意識なことが多く、普段から意識して左右の歯でバランス良く噛むことが大切です。
もう一つは舌の癖があります。
歯並びや歯の形、かみ合わせに問題があると舌はそれを避けたり、触れたりする働きをすることがあります。

無意識に舌で歯に触れたり、舌を出す、舌で歯を触る、唇を噛む、歯ではさむなどの癖も、あごのずれを生じさせる原因となるのです。

舌の癖はあごのずれを生じるばかりか、出っ歯や受け口など歯並びにも影響することがありますので、なるべく舌で歯を触らないように心がけしましょう。

特に小さなお子さんは舌を出す癖が抜けずに歯並びに影響することがありますので、定期的に歯並びをチェックしてあげましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年10月10日

普段の生活習慣の中であごのずれを引き起こす原因は色々あります。

その一つに、食事中ものを噛むときに片方の歯でばかり噛んでしまう「片噛み」癖があります。
左側でばかり噛んでいるとあごは左にずれ、右側ばかりで噛むとあごは右にずれるということです。

また、歯を抜いてそのままにした場合や虫歯の治療中で片噛み癖がついてしまい、治療後に癖が残ってしまうことも。

片噛みは無意識なことが多く、普段から意識して左右の歯でバランス良く噛むことが大切です。
もう一つは舌の癖があります。
歯並びや歯の形、かみ合わせに問題があると舌はそれを避けたり、触れたりする働きをすることがあります。

無意識に舌で歯に触れたり、舌を出す、舌で歯を触る、唇を噛む、歯ではさむなどの癖も、あごのずれを生じさせる原因となるのです。

舌の癖はあごのずれを生じるばかりか、出っ歯や受け口など歯並びにも影響することがありますので、なるべく舌で歯を触らないように心がけしましょう。

特に小さなお子さんは舌を出す癖が抜けずに歯並びに影響することがありますので、定期的に歯並びをチェックしてあげましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年10月 8日

今回は脳への血流量と若さや健康の関係についてご紹介します。

脳は20代から老化が始まり、脳の中でも初めに前頭葉から衰えはじめます。

前頭葉は特に血流量を多く必要とするために、血流量不足の影響を真っ先に受け精神疾患を患うことがあるのですが、もともと大切な役割を果たしていて思考や創造性、意欲や物事を判断し、実行していく力など、日常生活で必要なことは前頭葉の働きにより成り立ちます。

前頭葉の後ろには運動野があり、体の動きやバランスをとることに関わる小脳とも関係しています。

あごのずれやかみ合わせを正して首のこりをほぐし、脳への血流量をアップさせることで、感情障害などの症状の改善につながります。

脳への血流量の増加に伴い体内ホルモンが正常に分泌されますので免疫力がアップして風邪をひかないようになったり、更年期障害の改善にも期待ができます。

あごのずれを正すことは、こころと体が元気になりいつまでも若さを保つことにつながっていますので、若さがなくなってきたと感じる方やストレスを感じている方は一度かみ合わせのチェックをされることをおすすめいたします。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年10月 5日

運動にも様々な種類がありますが、体やあごの健康を保つのにおすすめの運動は登山です。
登山はアップダウンのある道を歩きますので、大腰筋をはじめとした体幹筋が鍛えられます。

大腰筋とは上半身と腰を支える筋肉のことで20代をピークに年々衰えてきて、意識をして鍛えないと50代になる頃には半分ほどに減ります。

背筋を伸ばした正しい姿勢を保つのに、大腰筋はとても大切な役割を果たしています。

その大腰筋を鍛えるためには、登山は最適な運動で、平らな道を歩くときより太ももを高く上げ、凹凸の道では体の左右のバランス感覚が鍛えられ、脳の若返りの効果も。

登山経験がなく、普段から歩かない方はまず軽いウォーキングから始めましょう。
背筋を伸ばし、腕を大きく振り1~2時間散歩をして体を動かします。

足は第2の心臓ともいわれていて、歩くことで全身の血流が良くなり酸素が体のすみずみにまで運ばれていきますが、使わなければ衰えも早いのです。

歩くことは健康作りの第一歩で、体やあごのずれを正す効果があります。
無理をせず続けられるペースで運動をし体を衰えさせないことが大切なのです。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年10月 3日

多くの人を悩ませる頭痛や肩こりなどの体の不調や、精神疾患などは誰しも起こりうる症状です。

その原因には体のずれが深く関係し、そのずれによりバランスが取れにくく症状が起きるのです。

4足歩行から2足歩行に進化した時点で、脳が発達を始めて頭が大きく進化しました。
大きな頭を前後左右のバランスで支えていかないといけないため、人間の体に進化する前と比較し体のあちこちに負担がかかりやすいのです。

体のバランスが崩れることで不調が表れます。
頬杖などの悪癖や、歯並びの問題であごにずれを生むことにつながります。

精神面や体調不調の主な原因の1つにあごのずれからおきていることが多く、首・肩・背中・腰・足にまで徐々に体全体がずれを生じ、血行不良や全身のこりへとつながり脳への血流不足がおこることで心の病を引き起こしてしまいます。

心の病がさらに他の場所の不調を生むこともあり、根本的にあごのずれを正さない限りはいつまでたっても体の不調から逃れられないことにもなりかねません。

体調不良が続いている方は歯科にてかみ合わせのチェックをされることをおすすめいたします。
かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年10月 1日

普段食事をする時に、あごのずれやかみ合わせを意識して食事をしていますか?

ほとんどの人は無意識の習慣で食事をするので、正しいかみ合わせを意識して食事をする方は少ないと思います。

今回は、普段の食事において正しくかみ合わせる食事法をご紹介します。
食事をとるときの基本は、よく噛んで食べることです。

よく噛むことを意識をすることで、あまり噛まずに食べている人も習慣を改善することができます。

子供のうちから固い食べ物を食べることで、あごが発達しよく噛んで食べる習慣が身に付きます。

そして、よく噛んで食べることにより満腹中枢を刺激して食欲抑制効果も。
かみ合わせを正しくすることで、生活習慣病の予防にもつながります。

噛むことにより顔の筋肉が鍛えられて、美容効果や視力の向上も期待でき、唾液の分泌量が増えて虫歯予防や認知症予防にも効果的です。

食事のときに気をつけることは、お水やお茶で食べ物を流し込まないことです。
特に冷たい飲み物は胃の消化機能を弱めてしまうので、噛む回数が減り唾液の分泌量が減ってしまいます。

何か飲むときは食後に飲むように心がけましょう。
かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年9月28日

今回は進化に体の変化についてご紹介させていただきます。

人類の進化で最大の変化は、直立二足歩行ですが、これにより重力の影響を大きく受けるようになりました。

特に消化器系内臓は重力で位置が下がり肺は大きくなり、肺活量を増やすことができるので、運動量が増えて脳が大きく発達しました。

また、四足歩行では腹筋を使うことが少なく、直立二足歩行では腹筋と背筋をバランス良く使い、体をまっすぐに保つ必要があり、腹筋と背筋のバランスが姿勢に影響するようになりました。

内臓は重力により下がってくるので、骨盤を大きくすることで上半身が安定し、運動量や機能がさらに向上していきました。

さらに、あごの位置が体の中心から前後左右にずれることにより、直立二足歩行では体全体のバランスが崩れやすくなり、あごが体の中心からずれると、首や肩の痛み、背中や腰、足の痛みなど全身に痛みやこりなどの不調があらわれ始めます。

そのため、四足歩行に比べて、直立二足歩行をおこなう人間は、あごが全身のバランスの良い位置に保つことで体の健康を維持する大切な役割を果たしているといえるのです。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年9月26日

女性特有の悩みに生理不順や生理痛があります。

これらの症状は女性ホルモンの分泌と深く関係していて、あごのずれを正すと女性ホルモンの分泌が正常に働き生理痛が軽くなる効果があります。

不妊症で悩んでいてなかなか子供を授からなかった人でも、あごのずれを正すことにより妊娠する事例がいくつも報告されています。

生理痛以外も女性ホルモンが体に与える影響は、顔がほてったり、気分の浮き沈みを左右する症状がでることもあります。

仕事や普段の生活が送れなくなるほどの頭痛や吐き気、食欲不振をともなうほどの重い症状があらわれ始めたら注意が必要です。

あごのずれは女性ホルモンの分泌に影響を与え、血行不良と筋肉の緊張を引き起こすので、重い生理痛とともに頭痛や吐き気、体の疲労感、精神面への悪影響へとつながります。

不妊症や痛み止めを手放せないほどの重い生理痛でお悩みの方は、かみ合わせのチェックをしてみましょう。

かみ合わせを正すことで、不妊症や生理痛を改善するだけでなく、小顔になったりシミやシワが減ったり、顔色が明るくなったり、美容効果や若返りの効果も期待できます。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年9月24日

運動や楽器を演奏するなどの趣味を持つことは、体や心の健康の維持に大変良いことです。

しかし利き手や利き足を酷使するような、体の片側ばかり使うようなことは注意が必要で、練習すればするほど体やあごにずれが生じる可能性も。

例えば、サッカー選手や野球選手では、利き手や利き足の筋肉の方が太くなっている人が多いです。

競輪やアイススケートなどのスポーツも体が倒れないように、あごでバランスをとりますのであごに負担がかかります。

水泳は重力の負担が少なくバランスがとれているスポーツのようですが、重力と水平な位置で運動を長時間おこなうことであごが前にずれることがあります。

楽器の場合、バイオリンやフルートなどもあごや体にずれをおこしやすい楽器といえます。

これらの運動や演奏を長時間おこなったあとは、片側の使った筋肉を十分にほぐし疲労を溜めこまないように注意しましょう。普段から正しいあごの位置を意識して過ごすことも大切です。

片側を酷使するスポーツや趣味をお持ちの方は、特に普段より姿勢を良くして、左右の体やあごのずれをおこさないように意識してみましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年9月21日

夏でも手足が冷える、寒い時期なのに手足に汗をかく方はいませんか?
これらの症状は重症化すると手足のしびれを引き起こしてしまう危険な症状です。

これらの症状の原因はあごがずれることによって筋肉が緊張し、血管が圧迫されて血液がスムーズに流れなくなるために起こると考えられます。

運動などで、体温を調節するためにかく汗は意識をしてかくのではなく、自動的に神経が働いて行っていることです。

これは自律神経の働きによって体が自然と体温の調節を行っているのです。

しかし、あごがずれていると、血管が圧迫されて血流が悪くなりますので、自律神経に乱れがおき、暑くないのに手が汗ばんだり、暑いときでも汗をかかず手足が冷えたりする症状が表れるのです。

あごのずれを正して血流を改善することにより、脳へ十分な血液を送ることができるので自律神経の働きを正常にすることができます。

ストレスを抱えていてリラックスができない状態では、常に交感神経が過敏に働くため、自律神経に乱れがおこります。

早寝早起きをしストレスを溜めないことができれば手足の冷えや多汗症の改善につながります。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
きたむら歯科医院

きたむら歯科医院

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってください。

きたむら歯科医院
http://www.kenkoufuku.info