«  2018年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年8月 1日

日常生活の習慣で、あごにずれが生じてしまう原因にもいろいろなものがありますが、そのひとつとして、食べ物を噛むとき、片方の歯でばかり噛んでしまう、いわゆる片噛みのくせがあげられます。

もし左側でばかり噛んでいるとするとあごが左側ににずれてしまい、右側ばかりで噛むとあごは右側にずれていくことになります。

抜歯した場所をそのままにしてしまったり、虫歯の治療中に片噛みのくせがついてしまうことで、治療してからもそのままくせがなおらず、習慣化してしまう場合もあるようです。

片噛みの多くは、無意識にしてしまう行動ですから常日頃からバランスよく左右両方の筋肉を使う意識を持ったり、左右の歯でバランス良くものを噛んだりすることはあごにずれを生じさせないようにするためにも大切です。

ほかにも生活習慣の中であごのずれを生じさせる要因に、舌の癖というものがあります。

歯並びや歯の形のほかに、かみ合わせに問題がある場合、舌はその問題がある部分を避けたり、反対に触れたりする働きをすることがあるのです。

そのため舌で触るくせがあるならなおしたほうがいいでしょう。口の中でも左右のバランスが非常に大事なのです。

無意識のうちに舌で特定の歯に触れたり、舌を出したり、舌で歯を触ったりする、唇を噛んだり、歯ではさんだりなどの癖があると、あごにずれが生じる原因になります。

舌の癖からあごのずれが生じるだけでなく、出っ歯や受け口などの歯並びにも大きな影響が生じることもあります。舌で歯を触らないように気をつけましょう。


特に小さなお子さんの場合ですと舌を出す癖がなおらずにいると歯並びにも影響してしまうことがあります。定期的な歯並びのチェックもしてあげるとよいでしょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月30日

通勤のために、毎日長時間電車に乗る方は多いことでしょう。

電車が空いているとリラックスできるかもしれませんが、それが満員電車では、身動きも取れず、長時間同じ姿勢であることがほとんどではないでしょうか。

そのようなときには体も緊張しているため、こりが生じることは多いです。

こうした毎日の通勤などで、体にこりを溜めていくと、体やあごのゆがみにもつながります。今回ご紹介するのは、電車などの乗り物に乗車した時にこりをためない方法です。

電車の中で立っているときには、できれば荷物を網棚の上に置いてください。つり革をつかまって立つときは、左右の手をバランスよく交代しながらつかまり、体の片側だけに負担がかかることのないようにするとよいでしょう。

座席に座るときは、足を組むことから骨盤のゆがみにつながるため足を組まないようにします。背筋を伸ばし姿勢よく座るように意識しましょう。

読書やスマートフォンを扱うときにも、うつむいている姿勢では頭を支える重みが首にとって非常に大きな負担です。5分に1度は顔をあげて視線を正し、背筋を伸ばします。

可能なら車窓から見える遠くの景色に目を向けることで、目や首から筋肉の緊張をとることをおすすめします。

ふだんから習慣として、目を休ませることは、目の疲れによって生じる肩こりや頭痛を緩和させる効果もあります。常に左右の体のバランスを良くして、同じ姿勢を長く続けないことが大切なのです。

目的地で乗り物を降りたら少しでもいいので肩や首の軽いストレッチをすると、こりをためることもなく、あごのずれ防止にも有効です。

丸山剛郎著・・・・より

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月27日

女性に多い特有の悩みとして、生理不順や生理痛があげられますが、こうした症状と女性ホルモンの分泌には深い関係があります。

この症状も、あごのずれを正すことで女性ホルモンの分泌を正常化してその働きがよくなり、生理痛が軽減されたり、生理不順や止まった生理が再び始まることも起こります。

中には、不妊症で妊娠しづらかった方でも、あごのずれを正しくすることで妊娠する事例は、いくつか報告があります。

女性ホルモンの影響として生理痛の他にも女性の身体に与える影響であげられるのが、若い方であっても顔のほてり、気分の浮き沈みなど、いわゆる更年期によく聞かれる症状が現れることもあります。

これまでどおりに仕事をしたり、いつものような生活をして過ごせなくなるほど頭痛があったり吐き気や食欲不振をともなうほど重い症状が出てきたら要注意です。

あごのずれが起こると女性ホルモンの分泌にも良くない影響を与えるだけでなく、血行不良や筋肉の緊張も起こります。
重い生理痛があって頭痛や吐き気を伴い、身体の疲労感をもたらし精神面にもダメージを与えることにつながりかねません。

不妊症であったり痛み止めがなければ日常生活を送れないほどの重い生理痛があってお悩みの方は、一度かみ合わせのチェックもおすすめします。

かみ合わせを正すと、不妊症や生理痛を改善するうえ、小顔になることやしみやしわを軽減させること、また血行が良くなるため顔色も明るくなることもあり、美容としての効果や若返った印象への効果も有効です。

丸山剛郎著・・・・より

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月25日

歯科医師が行っている歯科矯正によって、患者さんに不定愁訴を誘発してしまうことがあります。

歯科医師はもちろん、患者さんのことを考えたうえで歯科矯正の治療をしているのですが知識が不足してしまうことでそのような事例が起こることも実際にあります。

不足している知識とは、「あごのずれ」についての理解です。

あごのずれを正しく理解していなければ、その知識不足のため、歯科医師が患者さんのあごのずれについての認識できることもなく、現状の問題であるかみ合わせの悪さだけを矯正してしまうのです。

治療によって患者さんのあごがずれたままで固定されてしまうため、それまで目立ってはいなかった不定愁訴はより強く発症することになるのです。


かみ合わせの治療を既に終わった患者様は、かみ合わせの治療が原因で起こった不定愁訴であるとは考えられずこ、原因不明の肩こりや頭痛、あるいはしびれなどの症状にに悩む結果となってしまいます。

ですから、歯科矯正を行う際は、最初にあごのずれを確認すること、まずはあごの位置を正常な位置に是正することが不可欠です。

むしろ歯科矯正そのものは、あごの正しい位置での安定を図るために活用されるものなのです。

あごのずれがない患者様でしたら、すぐに歯科矯正をおこなってしかるべきでしょう。その正しい判断のためにも、歯科医師は、あごのずれについての知識を持ち、正確に測定したうえで、正しいあごの位置を把握できることが大切なのです。


かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月23日

前回、矯正治療によって不定愁訴の原因になるケースについてご紹介致しました。

では、今回は矯正治療によって不定愁訴を起こさないために注意する点についてご紹介致します。

矯正治療を受ける方は歯並びが悪いことを理由に受診する方が多く、矯正治療をすることであごにずれを起こしていることがあるのです。

あごがずれた状態のままで矯正治療をして、歯並びとかみ合わせだけを治すと、これまで自覚していなかった不定愁訴でも、矯正治療でかみ合わせが変わって症状があらわれる場合があります。

そのようなことにならないためには、矯正治療の前には最初に、あごのずれをチェックすること、あごにずれがあるなら、矯正治療をするより前に、あごの位置を矯正することを行なったほうが矯正治療にとっても良い結果になる場合が多くあります。

また、食生活の変化などによって現代人は徐々にあごが小さくなっている傾向にあるため、歯が並ぶスペースも少なくなっています。

そのため、スペースを確保するために小臼歯を抜いて矯正治療をおこなう場合もあります。

歯を抜くことでおさまりが良くなり、一見すると歯並びはきれいに見えますが、そのことで歯並びのカーブは小さくなり、しっかりと食べものを噛むことができなくなってしまうため全身のバランスをとっているあごの機能としては低下することになります。

矯正治療のために健康な歯を抜歯した方は、抜歯していない方に比べると不定愁訴に悩むケースも多くなることから、矯正治療をする際にはできるだけ抜歯しないで矯正治療をしたほうが良いと言えるでしょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月20日

歯並びとかみ合わせの関係はとても深く、歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなることは多いのです。

そしてあごにもずれが起こりやすくなります。
歯並びが悪いと、上下の歯が適切に噛み合わさらないため、食べものをうまくかめないことで、歯にかかる力のバランスが崩れて、あごの関節にかかる負担も大きくなります。

たとえば歯と歯のすきまが大きい場合や、歯が内側に倒れていると、舌も正しく適切な位置に動かせなくなるため、あごのずれが生じるだけではなく、話し方もスムーズにできなくなることがあります。
滑舌にも影響があると言うことです。

歯並びの悪さを治す方法のひとつとして矯正治療があげられますが、この治療でよけいにかみ合わせが悪くなって、さまざまな不定愁訴を引き起こしてしまうこともあるのです。

複数の不定愁訴が生じてしまう原因に、歯並びが悪いから、と矯正治療を受ける方には、もとからあごがずれている場合も多く、あごのずれに対しての自覚がないままの状態でなんらかの不定愁訴をもっていることは多いのです。

自覚がないまま不定愁訴をもっているため、矯正治療を引き金にしてさまざまな症状があらわれ始めるというわけです。

矯正治療ではまず、上下のかみ合わせをしっかり固定することができますが、患者様によってはもともとあごにずれがあるにもかかわらず、あごのずれを治療などで改善しないで矯正治療を始めてしまうと、治療が終了するまであごがずれたまま固定されてしまうことがあるのです。

このようなケースのほかにも、あごにずれはなく矯正治療を行なっても、治療の途中に矯正器具によってあごがずれてしまうこともありえるので、矯正治療を受けるときには、最初にあごのずれを適切な位置に正してから治療を開始する必要があるのです。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月18日

今回ご紹介するのは、手足の冷えを予防する方法に続き、花粉症の予防についてご紹介致します。

気象情報などで花粉症注意報なども出るぐらいですので、すでにご存じの方も多いかと思いますが、あらためて花粉症とは、主に春や秋に飛ぶことが多くなる花粉に対しての身体の過剰な反応が起こり、鼻水や目のかゆみなどの症状があらわれることをさします。

この花粉症というのは、アレルギー症状のひとつです。
アレルギー性鼻炎に含まれています。

アレルギー性鼻炎とは、ほこりなどをはじめとするハウスダストやカビのほかに、ペットの毛などによるアレルゲンと呼ばれる特定の物質に反応することです。

ひんぱんにくしゃみやせき、鼻みずが症状として現れます。

このような症状の方には、鼻の粘膜が過敏な場合が多いため、気候の現象で温度差がある場合でも、くしゃみやせきが出たり、風邪を引きやすくなったりすることも少なくありません。

最近では、アレルギー性鼻炎の方も増加していて、これに対しての根本的な治療法がないことから抗アレルギー薬などによる対症療法が一般的とされています。

アレルギー症状を抑制するためには、身体のの免疫系の機能を高めることが必要になります。

免疫系の働きをコントロールしているのが脳の前頭葉ですから、この機能を向上させることも大切になってきます。

脳の前頭葉にある役割は、体内に入ってきた細菌やウイルス、さらにはがん細胞などに対して攻撃を行い、身体を病気から防ぐための免疫系というシステムを働かせています。

前頭葉もあごのずれが起こることで、血流不足となってしまい免疫機能にも悪影響を及ぼします。そしてアレルギー反応を引き起こすのです。

長年にわたり花粉症やアレルギー症状があってお悩みの方は、一度かみ合わせのチェックをしてみましょう。

あごのずれを正しい位置に戻すことから症状が改善される可能性があります。

丸山剛郎著・・・・より

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月16日

これまで、花粉症の予防法とかみあわせには関係があることについてご紹介してきました。

今回ご紹介するのは、アレルギーの一種で知られるアトピー性皮膚炎についてお話します。

アトピー性皮膚炎といえば、小さな子どもさんの症状を想像する方が多いことでしょう。しかし近年では成長して大人になってもその症状が治らない方が増えてきているのです。

アレルギー性鼻炎とは、アレルゲンに対して鼻や目、のどの粘膜が敏感な反応を示すことで起こるものですが、アトピー性皮膚炎の場合は、皮膚が過敏に反応することで、炎症や湿疹などが起こり慢性化する状態です。

その症状として、皮膚は乾燥することでかゆみを引き起こして、炎症や湿疹が持続します。併発する症状の中にはぜんそくや、アレルギー性鼻炎もあるのです。

こうしたアトピー性皮膚炎も、アレルギー性鼻炎に対しての治療と同様に免疫系の機能を高める方法で症状を改善させていきます。

このような免疫系の機能については、脳に流れる血流の改善、前頭葉への血流を良くすると、免疫系の機能の向上に効果が期待できますから、あごのずれを正すことで脳へ送り出す十分な血液を確保することが大切です。

根本的な原因にもなるアレルゲンを軽減した環境づくりなどにも効果が見られます。定期的に居室の窓を開けて換気することで、カビを発生させないようにしましょう。

また、シーツや枕カバーなどの寝具は清潔にしておくためにこまめに洗濯をして交換しましょう。

汚れがあるとダニを寄せ付けるからです。カーペットにはダニがつきやすいため、ていねいに掃除機をかけたり、床をフローリングにするなどの対策をしても良いでしょう。

いくら環境を整えてもつらい症状がおさまらない場合は、かみ合わせのチェックをしてみましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月13日

あごがずれているかどうかを診断する際に大切なことは、全身に出ている症状をしっかりと把握することあります。

正直なところ、ベテランの歯科医師でも難しいのが、確実に「あごを本当に正しい位置に修正する」ことです。

というのも、人それぞれに異なる正しいあごの位置を見極めるのは、機器を使用して測定したからといってあごの位置を正確に特定することができるとは言えないからです。

正確にあごの位置を把握するために、顔のゆがみや姿勢なども診ていくことが最適であり判断するまで早いと言えるため、大きなゆがみであれば把握するのは可能です。

ただし、それだけだと、わずかなずれには気づかないことがあるのです。

というわけで、あらかじめ全身症状をしっかりと把握できることは、あごの位置を矯正することによって今起こっている症状が改善できる「正しい位置」であるか判断する基準の一つにできるのです。

なかでも肩こりや背中の痛みなどの「筋の痛み」については、あごの位置を正しくすることで、すぐ改善することも多いため、判断の指標として有用なものとされています。

ほかにも、便秘がちである、手足のしびれがある、ひどい生理痛であるなどの症状も、全身症状として把握するべきです。

診断の際には、こうしたあらゆる「不快感」がある症状をすべてお伝えいただくと、より正しいあごの位置を把握するためにプラスになります。

まだ患者様ご自身に自覚症状がない場合でも、医師が筋肉を触診することで、異常な疼痛が生じる場合もあるため、診断の際に実施することは多くあります。

最終的な判断では、以下の内容について改善の程度を確認して、あごのずれを正確に把握することになります。


1.顔のゆがみ、姿勢のずれ
2.不定愁訴(肩こりや背中の痛みなどの全身症状)
3.筋触診における疼痛
4.アプライド・キネシオロジー(カイロプラクティックによる筋力テスト)

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2018年7月11日

あごのずれを確認するためには、医療機器を使用して精密な検査によって「あごのずれ」を確認すること、そしてアプライド・キネシオロジーなどを利用して患者様の正常なあごの位置を確認してから、あごの位置を是正するための治療を行うのが一連の治療の流れになります。

あごの位置を是正するには、半年ほどの期間で、患者様の口腔内に専用の器具を装着して治療させていただくことが必要です。

絶対に外してはいけないわけではありません。

ただ、確実にあごの位置を是正するためにも、可能な限りは長く装着しておいていただくことがより効果的と言えるのです。

あごのずれを是正するための器具として、従来までの歯科医師ならバイトプレーン(バイトプレート・スプリント)を使用してきました。

この器具は、ボクサーが使うマウスピースを少し小さくしたようなイメージで、プラスチック(ポリカーボネイト)製の器具です。

しかし、バイトプレーンは顎関節症の患者様の歯と歯がぶつからないようにすることが主な役割であるため、正確なあごの位置に是正するのは適切ではないでしょう。

そのため、バイトプレーンに代わってにMPA(マンディブラー・ポジショニング・アプライアンス)という器具を使用しています。

これは、あごのずれを是正するために考案された装置のため、非常に効果的です。

もちろん、あごのずれの程度んもよりますし、ずれていた期間や、患者様の年齢などによっても治療期間がことなってきます。

それでもあごのずれの是正効果としては大きいため、多くの不定愁訴の改善した結果が報告されています。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
きたむら歯科医院

きたむら歯科医院

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってください。

きたむら歯科医院
http://www.kenkoufuku.info