«  2019年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月 9日

皆さんは不眠の状態が続いたり、神経過敏になってしまうことはありますか?この忙しくストレスの多い現代では一度はそのような状態になってしまったことがあるという方も多いと思います。この不眠や神経過敏も根本はあごのずれやかみ合わせの悪さから起こることが多いです。

神経過敏になってしまうと、緊張が続き音や光の刺激に敏感になってしまい動悸や息切れめまいなどの症状を引き起こします。また眠りも浅くなり、十分な睡眠をとっても熟睡した感じがしないなど様々な症状となり体に現れていきます。

精神面でも常に不安な気持ちが消えず、その状態が続くと満員電車などの閉鎖的な空間や人ごみにいるときに突然動機やめまいをおこしてしまうパニック症候群などを起こすきっかけになってしまうのです。

これらの症状はすべて自律神経の乱れで起こっていますので、首のコリをほぐし正しいあごの位置にしてあげることが重要です。

今回お話した症状に悩んでいる方は一度歯科医院でかみ合わせを診てもらうことをおすすめします。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年9月 6日

あごのずれにより、うつ病を起こすきっかけにもなることをお話してきましたが、今回はうつ病の症状と特徴についてご紹介させて頂きます。

うつ病になると悲観的になり喜びや物事の対する興味を失い顔の表情も乏しくなっていきます。さらには元気がない、意欲や集中力がなくなる、決断力が低下するなどの症状もあらわれてきて一日中体が重く慢性的な疲労感に悩まされることもあります。

うつ病になる原因は脳への血流不足と言われています。脳内には「セロトニン」という物質があり、このセロトニンは血液中にある栄養素から作られているのですが、脳への血流量が減ると、セロトニンを作ることができなくなってしまうのです。

セロトニンには気分や感情をコントロールするという重要な役割があり、セロトニンが不足すると精神面において不安定になりうつ病へと発展していきます。うつ病の治療として、セロトニンの分泌を促す薬が使われますが、場合によってはあごのずれを正して脳への血流量を増やすことで、うつ病の症状を改善することができます。

特に強いストレスを感じた時にセロトニンの量は減少してしまいますので、うつ病にならないためには、普段からストレスを溜めず、かみ合わせがずれないよう心がけることが大切です。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年9月 4日

前回はあごのずれがうつ症状を引き起こすことについてお話していきましたが、今回はあごのずれと自律神経の関係についてお話していきます。

自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

自律神経のバランスが崩れると、体調の不調を引き起こすだけでなく、イライラしやすく怒りっぽい、気分が変わりやすい、自己嫌悪を感じる、生きる気力が無くなるなどの心の症状があらわれることがあります。

自律神経が崩れやすい人は、ほとんどの場合かみ合わせに異常があり、首の筋肉が硬直している方が多いです。

首の筋肉が硬直すると、前頭葉に巡る血流量が低下するため自律神経のバランスが崩れる原因となるのです。首のこりをほぐして、脳へ十分な血流を送ることにより自律神経が整い心の症状も軽減していきます。

普段から首や肩の筋肉の硬直を防ぎ、温かいタオルをあてたり、ゆっくりと入浴したりして疲れを残さないようにしていきましょう。それでも治らない場合一度医療機関を受診するか、歯科医院でかみ合わせをみてもらうようにしましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月30日

毎年、うつに悩まされる方の数が増えていき深刻な現代病として問題になっています。うつと聞くと大人がなる病気と思われがちですが、実は子供の間でも深刻な病気になってきています。なんと小学生の8%、中学生に至っては22%のこどもにうつの傾向がみられるそうです。

うつは精神的な病気ですが、あごのずれにより起こることもあります。また、歯並びやかみ合わせの悪いこどもの増加と比例して、うつ症状の増加が指摘されているのも事実です。

脳への血流量が不足すると、感情に関する障害を引き起こしやすくなり、うつへと繋がっていきます。

うつの初期症状は物忘れや頭がぼーっとするなどの何気ない症状から始まります。これらの症状が慢性化すると勉強や仕事にも影響を起こし始めやがては何も出来なくなってしまう怖い病気です。

かみ合わせを正すことにより脳の働きが活発になり、心の病の改善とともに脳の若返り効果が期待できます。

原因がわからないけど気分が沈む、ぼーっとしてやる気がでない心の病でお悩みの方は、一度かみ合わせを診てもらうことをおすすめします。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月28日

あごずれる原因にはさまざまなものがありますが、その中でも特に大きな原因が「片噛みグセ」です。

片噛みグセとは食事中に物を噛むときに無意識のうちに片側の歯で噛んでしまう習慣です。

片噛みを長期間していると、左側でばかり噛んでいる人はあごは左にずれ、右側ばかりで噛む人はあごは右にずれていきます。

片噛みだけでなく、なんらかの理由で抜歯をしたがその後の治療はせずにそのままにしている人や、虫歯の治療で片噛みグセがついてしまった人もあごがずれやすくなります。

普段から意識して左右の歯でバランス良く物を食べるようにしましょう。

他にも舌の癖により、あごがずれてしまう場合もあるようです。歯並びや歯の形、かみ合わせに問題があると舌は無意識に触れたり、よけたりする動きをすることがあります。

他には、舌を出す、舌で歯をよく触る、唇を噛む、などの癖もあごのずれを生じさせる原因となります。

これらの舌の癖はあごのずれを生じるばかりか、出っ歯や受け口など歯並びにも影響することがありますので、意識をして舌で歯を触らないように心がけしましょう。

特に小さなお子さんは無意識に舌を出す癖があるため早めに改善していかないと大人になってからの歯並びに影響することもあります。歯科医院で相談するようにしましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月26日

前回は矯正治療によりあごがずれることもあることを説明しました、矯正治療を受けるかたは元々歯並びが悪くあごもずれている方が多くいらっしゃいます。

あごがずれたまま矯正治療を始めてしまい、そのまま完了してしまうとあごがずれていることにより体の不調(不定愁訴)が出始めやすくなります。

頭痛や肩こり、慢性的な疲れなどが代表的な症状です。

矯正治療をして、以前よりも体調が悪くならないためにも治療を始めるまえにはしっかりと自分のあごの位置が正しいか見てもらうことが大切です。

あごのずれがある場合は、まず先にあごの治療をおこないましょう。

また、矯正治療では歯が並びきらないことから、抜歯(歯を抜く治療)をして矯正を始める方がおおくいらっしゃいますが、歯を抜くと歯並びは一見キレイになりますが、歯が少なくなり食べ物を以前よりもしっかり噛めなくなってしまいます。

そのため全身のバランサーとして働いているあごの機能が低下し、あごのずれへと繋がっていきます。

矯正治療をおこなう際には、出来るだけ抜歯をしない方が不定愁訴に悩まされることも少ないようなので医師と相談しながら出来るだけ抜歯の少ない矯正治療を進めてもらうようにしましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月23日

日本人はあごが小さく歯が上手く並びきれないために、歯並びの悪い方が多くいらっしゃいます。

歯並びが悪いとかみ合わせが悪くなってしまい、その結果あごにずれを生じやすくなってしまいます。

食べ物を上手く噛むことが出来ずに、歯にかかる力がアンバランスになりあごの関節にも負担がかかってしまいます。

歯並びを治すための治療が矯正治療になりますが、逆に矯正治療をしたことでかみ合わせが逆に悪くなりあごがずれ、さまざまな体の不調を起こす方もいるようです。

これは元々あごがずれた人が、あごのずれを治さないまま矯正治療を始めそのまま完了してしまう場合です。いままでは出なかった不定愁訴が矯正治療により始まることもあります。

また、矯正治療を始めてから器具で歯を固定することによりあごがずれてしまう場合もありますので、矯正治療を始める場合は事前にあごにずれがないか確認してから始めるといいでしょう。検診の時でもいいので歯科医院で相談してみて下さい。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月21日

むし歯や歯周病を治す治療の結果、あごがずれてしまうこともあることをご存知でしょうか?特に治療後にあごがずれやすくなってしまうのが、補綴(ほてつ)治療です。

補綴治療とはむし歯のために削らなくなってしまった部分や歯を失った部分に差し歯(クラウンやブリッジ)などの被せものを入れる治療方法です。

被せものを入れるときにはかみ合わせが崩れないように慎重に治療をおこないますが、診断に誤りがあると差し歯には問題がなくても結果的にあごがずれてしまうことがあります。

被せものは自分の歯ではないため、入れた後に微妙にかみ合わせが異なり、あごがずれてしまったりしてしまうのです。

歯科医院で治療をした後に、頭痛がする肩こりがひどいという状態がつづく場合はかみ合わせがずれていることにより、あごがずれてしまっている可能性があります。

また、顎関節症にも繋がってきますので、治療をする際はしっかりとかみ合わせの面を重視することが必要です。自分ではなかなか気づきにくいとは思いますが、治療中に少しでもかみ合わせに異常を感じたらすぐに医師に伝えるようにしましょう。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月19日

前回は寝相があごや歯並びをゆがませる原因になるということをご紹介しました。うつ伏せや横向きで寝ている方は特にあごが歪みやすくなります。

理想な寝方は仰向けで寝る事です。あごがゆがんでしまうと、それを支えている首や背骨がゆがみはじめ、さらには上半身から体全身の歪みへと広がっていきます。

寝相の状態によって体全身へ影響を及ぼすことを覚えておきましょう。また、それだけでなくうつ伏せで寝ている方は片側の鼻の穴(鼻孔)が閉じたままの状態になります。そうすると息苦しくなり、鼻呼吸よりも楽に呼吸できる口で呼吸をするようになっていきます。

口呼吸では、風邪をひきやすくなったり虫歯になりやすくなったり、歯並びが悪くなる、片噛みのクセがつくなど悪影響を及ぼしていきます。

特に片上噛みのクセはあごのずれを悪化させ、さらに寝相がわるくなるなどの悪循環を作り出します。

私たちの寝相によりあごにかかる力は歯科矯正の治療の何倍も強い、と言われています。それを生きている間毎日繰り返していると考えるとあごにどれだけの影響を与えるかイメージできますよね。たかだ寝相と思わずに少しづつ改善していくことが重要です。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

2019年8月16日

私達が寝ている時、その寝相は人それぞれ色んなパターンがあります。仰向けやうつ伏せ、横向きなど自分はどのような体制で寝ることが多いでしょうか?

寝相がいい、悪いとよく言いますが、一般的に寝相が悪いと言われる人は、その寝相によりあごの歪みや歯並びの悪さの原因になっていることもあります。

私たちの歯は上下でかみ合っている時には、前後からの強い力に耐えることが出来ますが、歯がかみ合っていない時は特に横からの力に耐えることが出来ません。

寝ている時は口が少し開き、歯がかみ合っていないことが多いためうつ伏せや横向き、あごに手を当てたまま寝ている人はあごがずれやすくなってしまいます。

一般的に体にゆがみがある人ほど楽な姿勢をとろうと寝相が悪くなります。横向きやうつ伏せ、顔に手を当てているのが楽だという方は体の歪みがある証拠です。

逆に身体の歪みがなくなると、自然と仰向けでおとなしく眠れるようになります。

あごがずれにくく、かみ合わせにも良い寝方はまっすぐに仰向けになった状態で手をからだの脇においた状態です。
自分の寝相や楽な体制を今一度見直し、寝相が悪いかたは少しづつ改善していく必要があります。

かみ合わせのことなら当院にお任せください。当院のHPはこちら。
http://www.kenkoufuku.info/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
きたむら歯科医院

きたむら歯科医院

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってください。

きたむら歯科医院
http://www.kenkoufuku.info