麻酔注射の痛みが苦手な人も安心です

麻酔をしない虫歯歯科

・麻酔をするとアレルギー症状が現れる
・麻酔が切れるときの違和感が苦手
・麻酔が効きにくい体質

このような、体質的に麻酔が合わず、歯の治療で苦労されているかたはいませんか?麻酔をしないと痛くて我慢できないと思っているかたが多いようですが、麻酔がなくても痛みのない治療は可能です。当院の虫歯治療は、麻酔を使わない、痛みの少ない治療です。体質的に合わないかたや、違和感が気になるかたでも、安心して治療が受けられます。麻酔が苦手なかたは、当院までご相談ください。

当院が麻酔を使わない理由

【理由1】身体に負担がかかる行為はしたくない麻酔を使わない理由
麻酔には、知覚神経を麻痺させて、痛みを感じにくくする効果があります。けれども、体質によっては麻酔液にアレルギー反応を示したり、効きにくいこともあり、すべてのかたに有効とは限りません。現に、院長自身も麻酔によるアレルギー反応があり、麻酔が合わない体質です。

当院は、お口全体と全身の健康を考えた丸山咬合医療に基づく治療を実践しています。たとえ、一部のかたでも麻酔が合わないかたがいる限り、からだに負担かかかる治療は避けたいと考えています。こうした考えから、当院では麻酔を使わない治療をしています。

【理由2】虫歯になった部分は痛みを感じない
歯を大きく削ったり、歯の神経を取る治療には、必ず麻酔が必要と思われていますが、実は麻酔をしなくても痛みはありません。虫歯になった部分はすでに壊死(死んだ状態)しています。ですので、削ったり、治療器具が当たっても、痛みは感じません。痛みを感じるのは、虫歯以外の健康な部分まで削ってしまうからです。当然、悪くなった部分だけを削れば、痛みを抑えることができます。

【理由3】削り過ぎを防ぐため
麻酔をせずに治療をすると、健康な部分を削ったときに痛みを感じるので、削り過ぎを防ぐことができます。削る量を最小限にすることで、健康な歯質が残り、歯も長持ちします。当院は3-MIX(3種類の抗菌剤)で削った部分を殺菌する、削る量を抑えた長持ちする治療をおこなっています。
 

【3-MIX】麻酔を使わず、歯をほとんど削らない虫歯治療

3-MIXこれまでの虫歯治療は、再発を防ぐために虫歯を大きく削り、詰め物や被せ物などで修復していました。麻酔をかけて治療をしますが、虫歯の深さや大きさによっては、抜髄(神経を取る処置)が必要です。抜髄をすると歯がもろくなりやすく、寿命を縮めることにもつながります。こうした問題を解決してくれるのが3-MIXです。

3-MIXは、3種類の抗菌剤の働きで虫歯を完治させる治療法です。歯を削る量はごくわずかなので痛みはありません。3種類の抗菌剤には、強力な殺菌作用があり、虫歯菌を完全に死滅させて再発を防いでくれます。3-MIXは、患者さんのからだに負担をかけずに歯を長持ちさせる、有効な虫歯治療法といえます。

●3つの抗菌剤で虫歯を治す3-MIX
3-MIXは、歯に悪い影響を与える細菌に対し、殺菌効果の高い3種類の抗生剤をミックスした薬です。治療では、虫歯や歯根に3-MIXを塗布して、患部を無菌化して虫歯を治します。

3-MIXの治療法
虫歯になった部分(エナメル質および象牙質)を最小限に削ります。このとき、虫歯は完全に削り取らずに残したままの状態です。削った部分をキレイに消毒した後3-MIXを塗布し、その上から詰め物を入れて蓋をすると、抗菌剤が浸透していき細菌を死滅させます。詰め物で密封することで内部は無菌化し、虫歯の再発を防いでくれます。もちろん削る量はごくわずかなので、治療中の痛みはありません。

<3MIXのメリット>
・麻酔をしないで治療ができる
・ほとんど歯を削らずに治療ができる
・削る量がわずかなので、治療中の痛みがない
・治療後の再発を予防できる
・神経を残すことができる

※3-MIXは厚生労働省が認可した安全性の認められている薬剤です。ただし、保険外になりますので自費診療となります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方