虫歯と咀嚼運動について

虫歯と咀嚼運動について虫歯の原因がミュータンス菌であるといわれるようになったのは、今から40年ほど前です。当時は口腔衛生があまり重視されておらず、細菌の影響で虫歯になる方がとても多かった時代でした。その後、「8020運動」(80歳になったときに20本以上の歯を残す運動)が広がり、予防歯科が浸透しましたが、未だに虫歯はなくなりません。

虫歯ができる場所は、歯垢の付着した部分といわれていますが、歯と歯の接触面や大臼歯の頬側の溝など、歯垢の付かない場所にもできます。この場所は、咬んだ時に強い力がかかる場所です。実際に、咀嚼運動(食べ物を食べたときの下顎の運動)を再現してみると、異常な咀嚼運動が起こると、歯の特定な場所に異常な力が加わっていることが分かります。これを外傷性咬合(マイクロトラウマ)と言います。この力を受け続けていると、歯の表面を覆っているエナメル質にヒビが入りやがて穴が開いてしまいます。これも虫歯の原因なのです。

下顎のズレを是正して虫歯リスクを軽減する
不正歯列や不正咬合があると、かみ合わせが悪くなり、下顎の位置が異常になり、咀嚼運動が異常になります。顎を動かしたときに、特定の歯に強い力がかかるため、エナメル質にミクロ的なヒビが入り、そこから虫歯になると推測できます。根本的な原因を改善しなければ、虫歯治療をしても、再び虫歯にならないとも限りません。虫歯治療と併せて下顎のズレを是正する「かみ合わせ治療」をおこなうことで、全体の歯に均一に力が加わるようになり、虫歯のリスクが軽減します。

不定愁訴を引き起こす顎のズレ
また、顎のズレは顎関節症や頭痛、肩こり、腰痛のような全身の不定愁訴や、うつ症状やめまい、不眠などのこころの悩みを引き起こします。つまり、かみ合わせが全身の健康に深い影響を与えているのです。下顎のズレが原因で起きる全身の不調の多くは、かみ合わせ治療で解消できます。多くの患者さんは、一般的な歯科治療にかみ合わせ治療を取り入れることで、全身の不調が消えて、こころとからだが健康になり、笑顔を取り戻しています。

※丸山咬合医療が考える「かみ合わせ」とは、咬合形態・下顎の位置・咀嚼運動の3つを総称しています。

全身の健康を考える歯科治療へ

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方