正確な診査・診断

正確な診査・診断かみ合わせ治療では、主訴の原因を正確に知るために、診査・診断が欠かせません。当院では、レントゲン写真や立位(正面・側面・背面)・顔(正面・側面)の写真、歯型の模型採取や、シロナソアナライザー装置で実際の咀嚼運動を調べます。こうした検査に加えて、視診や触診を行い、総合的な診断を行います。

初めての方へ~治療の流れへ

【顎機能診断装置】シロナソアナライザー
シロナソアナライザー装置は、咀嚼運動を解析する装置です。
通常歯科医院ではかみ合わせを調整するとき、赤い紙を咬んで、歯をカチカチ・ギリギリと動かして確認します。この動きを「限界運動」といいます。しかし食物を食べる時には、このような顎の動きは一切しません。実際の食事のときには、限界運動ではなく、咀嚼運動で食べているのです。

当院は咀嚼運動を正確に分析するためにシロナソアナライザーを導入し、正確な診断を行っています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方