診査・診断

かみ合わせの治療方法かみ合わせ治療の基本は、マウスピース型の装置を装着して顎のズレを是正し、正しい位置を脳に覚えさせる治療です。

通常、顎口腔機能の異常は、バイトプレーンやスプリントを使用して治療しますが、この装置では、「かみ合わせ」を正常に戻すことができません。そこで、かみ合わせ治療専用のMFA装置を使用して、顎のズレを是正します。

専用のMFA装置を使用
使用するMFA装置は、丸山剛郎大阪大学名誉教授が独自に開発した、マウスピース型の装置です。取り外し式ができますが、顎の位置をしっかり固定させる必要があるので、装着時間をできるだけ長くするほど、効果が現れやすくなります。

3か月程度で顎のズレを是正
治療期間は個人差がありますが、通常はMFA装置を3か月ぐらい装着すると、顎位が是正されて安定した状態になり、下顎のズレが原因で生じる、頭痛や肩こり、腰痛、イライラ、不眠などの不定愁訴の症状が解消されるようになります。早い方では1ヶ月程度で顎位が安定しますが、長い人になると、半年ぐらいかかる場合もあります。

下顎は、頭蓋骨にぶら下がっているだけなのでズレやすく、生活習慣によっては、再びズレが生じる場合もあります。治療後の新たなズレを防ぐために、1日5分程度、この装置をリテーナーとして使って顎の位置を保持します。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方