かみ合わせ治療で歯周病の再発予防

かみ合わせ治療再発しない歯周病治療をするには、可能な限り細菌を取り除くことが重要です。ところが、歯周病菌は、歯周ポケットの内側などに付着したプラークの中で繁殖するので、完全に除去するのは非常に困難です。

当院では、かみ合わせ治療を取り入れた、再発を防ぐ歯周病治療に取り組んでいます。まずはスケーリングで歯や歯周ポケット内部に付着したプラークをていねいに取り除き、お口の中の衛生環境をしっかり整えます。その上で、かみ合わせの異常がある場合は。かみ合わせ治療をご提案します。かみ合わせ治療をすると、下顎が身体バランスの取れた正しい位置に維持できるようになり、さらに上下の歯が正しく咬み合うので、咀嚼運動が正常になります。咀嚼運動が回復することで、かみ合わせたときの歯にかかる力が均一になるので、歯ぐきの血流がよくなって、歯周病になりにくくなります。

かみ合わせ治療でお口と全身の健康を守ります

<専門用語の説明>
かみ合わせ 丸山咬合医療では、咬合形態・下顎のズレ・咀嚼運動(食べたときの下顎の運動)を総称して「かみ合わせ」と考えています。
咀嚼運動 食べ物を食べるときの、下顎の運動。動物には特有の咀嚼パターンがあり、人間にも特有の咀嚼パターンがあります。
かみ合わせ治療 かみ合わせを回復する治療の総称で、「咬合形態の治療」・「下顎のズレを是正する治療(MFA治療)」・「咀嚼運動の治療」の3つの治療があります。
MFA治療 下顎のズレを是正する治療のことで、かみ合わせ治療の基本ともいえる治療です。

本当に咬めることを考えた歯科医療へ

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方