歯科技工士が責任を持って担当します

審美歯科被せ物の色を決めるとき、一番神経を使うのは周囲の歯との調和です。あまり白すぎてしまうとその部分だけが浮き立ってしまい、かえって不自然に見えてしまいます。そこで、色合わせをするときは、技工士が来院して患者さんの歯の色を確認しながら、その場で色を決めていきます。専門家と直接相談できるので、要望を取り入れやすく、満足度がより高まります。

なお、受付に歯科技工士のプロフィール写真を掲示しています。お時間のあるときに、ぜひご覧ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方