咀嚼運動を忠実に再現する入れ歯

入れ歯

・食べ物をよく咬めないので、食事が美味しくない
・入れ歯にあたる歯肉や粘膜が痛い

合わない入れ歯でお困りの方はいませんか?せっかく作っても痛くて使わなければ、かみ合わせはどんどん悪くなっていきます。当院で考える入れ歯とは、本当に咬める入れ歯です。本当に咬める入れ歯は、咀嚼運動(食べるときの顎の運動)を忠実に再現した入れ歯のことをいいます。

咀嚼運動が異常な状態で入れ歯を作ると、咬んだときの力が変な方向からかかったり、咬む力が弱くなり、しっかり咬めません。当院は、丸山咬合医療に基づく「かみ合わせ治療」を実践し、咀嚼運動を考えた本当に咬める入れ歯をお作りしています。咬めない入れ歯でお困りのかたは、ぜひご相談ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方