初めての方へ

初めての方へ

当院は、ていねいでわかりやすい説明と正確な診査・診断をモットーに、親切でこころのこもった、患者さんが安心できる診療を心がけています。お口の中はもちろん、患者さんの全身の健康も考えた、生活の質(Quality of Life)を高める歯科医療を目指しています。

診療科目は、虫歯から歯周病治療、審美歯科、予防歯科、入れ歯、顎関節症、矯正歯科まで幅広く、丸山咬合医療に基づいた、全身を健康に導く「かみ合わせ治療」を実践しています。
 

かみ合わせ治療でお口と全身の健康を守ります

かみ合わせの悪さは、全身の不定愁訴を招くかみ合わせ治療
当院に相談に来る患者さんには、虫歯や歯周病などお口のトラブルの治療で来院される方だけではなく、頭痛・肩こり・腰痛などのいわゆる不定愁訴で来院される方も多くおられます。そうした方のお口の中を診ると、多くの場合、かみ合わせに問題を抱えておられます。ここで言う「かみ合わせ」とは、単に「歯並び」だけを指しているのではなく、歯そのものの形や下顎の位置、さらには歯そのものの形や下顎の位置、さらには毎日の食事のときに無意識に動いている下顎の運動(咀嚼運動・そしゃくうんどう)も含んでいます。

かみ合わせ治療は、正しいかみ合わせと咀嚼運動を正常にする第一歩
この咀嚼運動が正常に働くためには、ただ単に歯並びがきれいに並んでいるだけではダメで、上下の顎が正しい位置関係にあることと、身体に対して下顎が正しい位置をとっていることが必要です。特に下顎は、直立二足歩行をして生活している人間にとって、身体のバランサーとしての重要な役割を担っているので、下顎を正しい位置(身体の重心)に是正(ぜせい)することが特に重要です。下顎が身体バランスの取れた正しい位置をキープし、さらに上下の歯が正しくかみ合うことで、初めて正しい咀嚼運動を営むことができます。そのための治療が、「かみ合わせ治療」です。

全身を詳細に観察する診査・診断

初めての方へ当院の治療は、まず主訴がかみ合わせのどこに問題があるかを探る(診断する)ことから始まります。ここで仮に原因が咀嚼運動だと分かったとして、続いてそれが顎ズレを生んでいるかどうか、を診断します。これらの診断を経て、下顎のズレを是正する治療を始めていきます。

顎を正常な位置に是正するには、全身状態を細かくチェックする、正確な検査・診断が不可欠です。初診時には、立位における身体のバランス(三軸バランス)や首・腰の筋肉の硬直度のチェック、さらには咬合形態(こうごうけいたい)や食べるときの顎の運動(咀嚼運動)の精密な検査をします。
もちろん、3Dのレントゲンを使い、頭蓋骨や頸椎の状態も加味して、下顎のズレを診断します。

初めての方へ初めての方へ

健康の第一歩は、下顎が正しい位置にあることから始まります。全身の健康をこころから望んでいる方は、ぜひ当院までご相談ください。

※咬合形態とは、個々の歯の形、配列状態、上下の歯の嚙みかたの総称です。
 

当院の診療の流れ

Step1. 問診診療の流れ
受付で「丸山咬合医療初診チャート」をお渡しします。質問項目に従って、現在の健康状態をご記入ください。

次へ
Step2. 精密な診査・診断診療の流れ
各種検査を行い、精密に診査・診断します。

<検査項目>
1. 視診(顔・立位・下顎)
2. 触診(首・腰の筋緊張状態)
3. 立位(正面・側面・背面)の写真
4. 顔(正面・側面)の写真診療の流れ
5. レントゲン写真(パノラマ・顎関節・頸椎)
6. セファロレントゲン写真(正貌・側貌)
7. シロナソアナライザー(咀嚼運動・発語運動の記録)
8. 上下歯型の模型採得
9. 身体の三軸バランスのチェック
10.両手アプライドキネシオロジーによる骨格筋の左右差のチェック

次へ
Step3. 治療開始診療の流れ
上記の検査を元に、患者さんの主訴が、 下顎のズレ、咀嚼運動の悪さ、あるいは咬合形態の悪さのうち、主原因がどこにあるのかを診断します。下顎のズレが主な原因であれば、治療で使うMFA装置を製作するために、全身に対する下顎の正しい位置も診断します。

次へ
Step4.治療診療の流れ
●下顎のズレの治療
下顎のズレを是正(顎位是正)するためのMFA装置を作成します。マウスピースのように取り外しが可能な装置で、使用期間は3~6か月です。

●咀嚼運動の治療
歯型をマスティキュレーターという咀嚼運動が再現できる特殊な機械につけ、正常運動ができる咬合形態に修正します。修正方法には、リシェイピング(歯の部分修正法)、歯列矯正、補綴(歯の被せ物)があります。

●咬合形態の治療
リシェイピングや歯列矯正や補綴により治療します

次へ
Step5.メインテナンス診療の流れ
治療を終えた後は、お口の健康を維持するために、定期的なメインテナンスをおすすめしています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください メールお問い合わせ 電車でお越しの方